2017年8月9日水曜日

福島・ドイツ高校生交流プロジェクト9日目 高校訪問2日目ハノーファー


今日はハノーファーの高校2日目で、2つのグループに分かれ、授業に参加しました。
授業中には、日本からの高校生が原発事故と福島でのそれぞれの生活について英語でスピーチをしました。1回目のスピーチより自信を持って話す姿から、それぞれの成長を感じました。さらに練習を重ね、相手により細かく伝わるように頑張ります。
学校の後はハノーファー市営環境教育施設の見学に行きました。自然環境と私たちの生活の関係を、実際に落ち葉や新聞、プラスチックを用いて表した模型が特に高校生たちの興味を惹いていました。
見学の後はスピーチです。最初は高校生たちは日本語でスピーチすると伝えられていましたが、急遽、英語に変更になり、ドキドキのスピーチでした。が、高校生も小玉さんの無茶振りに鍛えられ、前回よりも堂々としたスピーチでした。

投稿が遅くなってしまい、申し訳ございません。時間の関係上、高校生の感想・レポート用紙が全て集まっていません。取り急ぎ、手元にある感想・レポートを投稿いたします事も重ねてお詫び申し上げます。

文責 渡部めぐ

福島県立安積高校1年渡部めぐ
学校2日目 学校生物センター

今日も午前中は学校に行って授業を受けました。一時間目は英語、二時間目はスペイン語、三時間目は政治の授業を受けました。英語は辛うじて少しは理解出来ましたが、スペイン語は全く未知の世界でした。生徒もスペイン語は難しいと言っていました。日本では殆ど、外国語は英語(それも、話せない英語)しか学ばないので、ドイツの学生は多言語を学ぶ事で視野と将来の可能性を広げているなと感じました。だから独学でも他言語を学びたいです。
政治の授業ではスピーチをしました。1回目よりは自信を持って話すことが出来ました。生徒の皆さんはとても真剣な表情でスピーチを聞いてくれて嬉しかったです。更に練習を重ね、福島の現状に興味を持ってもらえるように、そして皆様のサポートへの感謝が伝わる様にスピーチしたいと思いました。

午後はハノーファー市営環境教育施設へ行って、理科で習うようなことを体感しました。特に印象的だったのが年間の落ち葉や藁や新聞、プラスチックが自然にかえる様子を示した展示でした。自然の循環がどのくらいのスパンで実際に目で見ると天然のものとプラスチックの腐敗の具合が一目瞭然で環境に良くないことがわかりました。他にも、天球やメンデルの法則を示した展示がありました。メンデルの法則を見たときの感動は大きなもので、勉強した事を実際に見ると、勉強する意味に少し気づきました。見学した後はもう一度スピーチをしました。日本語でスピーチすると伝えられていましたが、急遽英語のスピーチに変更になりました。今日の2回目のスピーチは緊張せず、伝えたい事を伝えられました。今まではスピーチが嫌だと思っていたけれど、今日で1つの峠を超えました。今度は質を磨いていきたいです。積み重ねる努力の大切さに気づくことができた、良い1日でした。

尚志高等学校1年 八木沢美咲 訪問先:ヘミンゲンの学校 今日は2日目で1限目は数学、2限目は歴史3限目は化学でした。まず最初に教科書を取りに行きました。そのとき新品の教科書を手に抱えてくるのかと思ったら何回も使ったような教科書を持ってきたのでびっくりしました。ドイツでは一年しか教科書を使わないのでもったいないということから使い回しの教科書をみんな使っているそうです。数学では、グループ学習があり1つの問題をグループできちんと話し合うのはすごいと思いました。日本では、グループ学習となるとそう真剣に問題に取り組む人は多くないと思うのでドイツのグループ活動に取り組む姿勢は見習わなきゃいけないと思いました。黒板をあまり使わないようだしノートもあんまりとらないみたいです。生徒は何をするにしても積極性が強く私は積極性が足りないので色々な場面で学んで少しでも自分の積極性をUPできたらいいなと思いました。あと寝そうな人も全然いないので日本とは真逆だなと思いました。歴史の授業では暗記はほとんどせずなぜこのような戦争が起きてしまったのかをみんなで議論することを中心にやっているそうです。そのあと学校植物センターに行きました。そこでは色々な実験をしていてどれもすばらしい実験ばかりで見て聞いて匂いを嗅いでさわってという実験に色々行って学ぶことができました。

0 件のコメント:

コメントを投稿