2017年8月12日土曜日

福島・ドイツ高校生交流プロジェクト12日目 ザーベック・バイオマスパーク見学



尚志高等学校1 八木沢美咲 訪問先:ザーベック市、バイオエネルギーパーク
今日はザーベック市に行き環境局の方から市再エネの取り組みについて話を聞き得に印象に残ったのは木質ペレットについてです。ボイラーで温めていたのを木質ペレットを回して温めるようにすることは環境にとても良いと思いました。しかし木質ペレットにも短所がありきちんと計画を立ててやらないとダメだそうです。長所ももちろんあって短所もありますが、その短所を今後どのように改善していくのかが気になります。ザーベック市は人口が増え成長しているところや石油やガソリンを使わない、町の知名度が高い、近所同士の距離感がいいなどとてもすばらしい所だなと話を聞いて思ったし、実際に見てより一層いい所だと思いました。次にバイオエネルギーパークに行って仕組みやバイオマス発電の長所やバイオマスとは具体的に何を発酵させてやるものなのかなど、学校ではほとんど勉強する機会がないのですごく知識の幅が広がりました。また循環型社会ということで道路に落ちていた枝や植物などをバイオマスとして利用することは環境にもいいと思いました。しかし問題として発酵することのできないプラスチックが多いようです。今後私は分別はしっかりしなきゃいけないなと思いました。このことに対し今後は生物分解ができるようなごみにすることが大事であると話を聞いて私も同じくそう思いました。再生可能エネルギーが進んでる所に行けて多くの知識を得ることができとても充実した1日になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿