2017年8月10日木曜日

福島・ドイツ高校生交流プロジェクト10日目 高校3日目&川又さん学習会


今日はハノーファーの高校最終日でした。
2つのグレープに分かれて授業に参加し、それぞれの高校生が刺激を受けました。3日間という短い時間ではありましたが、拙い英語を振り絞りながら親睦を深め、有意義な3日間となりました。
その後に、ハノーファーからオスナブリュックへ移動しました。駅でも高校生が四王錯誤しながら案内します。オスナブリュックのユースホステルでは環境省の川又さんの講義をいただきました。質問の手も、日に日に活発に上がる挙がるようになり、成長を実感しています。


投稿が遅くなってしまい、申し訳ございません。時間の関係上、高校生の感想・レポート用紙が全て集まっていません。取り急ぎ、手元にある感想・レポートを投稿いたします事も重ねてお詫び申し上げます。

文責 渡部めぐ


福島県立安積高校1年渡部めぐ
学校3日目 川又さんレクチャー

今日は学校に行って、美術と英語とラテン語の授業を受けました。美術は自分の趣味について絵を描き、発表し合いました。日本の学校では自分の作品を堂々と見せる人がほとんど居ないので授業の一環として発表する機会があるのは良い事だと思いました。
ラテン語の授業は意味がさっぱり分かりませんでしたが、同じグループの男の子に聞いたら、ラテン語はドイツ語の元となっていて、今は話されてないけど、難しくはないと言っていました。日本で古典を学ぶ感覚と同じだとおもいます。仲良くなった2人の友達に授業中に手紙と漢字の名前を書いてあげたら喜んでハグしてくれたので、嬉しくなりました。
最後に日本とドイツの学校の違いについてディスカッションした時には日本は自由や自主性が少ないと思いました。英語も、しっかり使える英語を学べる授業を受けたいと思いました。
ハノーファーからオスナブリュックまでは私と美咲さんで調べて案内しました。インフォメーションの人は英語を話せませんでしたが、“オスナブリュック”をハッキリ伝えたら分かってくれたので良い経験になったと思います。
ユースホステルに到着すると、外務省の川又さんのお話を聞きました。これから再エネを活発にするために太陽光発電を増やすという方向性とその方法は興味深いものでした。個人の家にパネルを取り付けるだけでなく、地域単位で市民の投資により発電し、配当金が配られるというものでした。これにより、パネルの設置費用を個人が負担しなくていいと言う事は手軽に再エネを増やせる良い方法だと思いました。また、ドイツでは幼稚園から再エネについて考える機会があったりキャンペーンが頻繁にあったりと、国民の意識を高める工夫がされていると思いました。
明日は学校へ行ってディスカッションがあるので自分の意見を持って参加したいです。

尚志高等学校1年 八木沢美咲 訪問先:ヘミンゲンの学校 今日はヘミンゲンの学校で学習する最終日でした。2時限目には中学校1年生の英語に混ざって勉強しました。みんなで英語の原稿的なのを読んで会話したり一言で言うと楽しかったです。この3日間で日本とドイツの違いをたくさん発見できたのとドイツ特有の雰囲気などに触れることができとてもいい経験になったし毎日学校に行くのが楽しみになるくらい楽しかったです。 その後、オスナブルックに移動して、ベルリン大使館の川又さんの話を聞き自治体や再生可能エネルギーやこれからの課題など詳しく教えてもらいました。まず話の中で驚いたことは、幼稚園のときから再生可能エネルギーについて学んでいることです。日本ではそもそも再生可能エネルギーについて学べる機会自体があまりないのでその話を聞いたときはかなり驚きました。また話しに「認識すること」という言葉が入っていたので認識という言葉はこの問題の鍵的存在だと私は思いました。理解能力が、低くまだ理解不足のところは多いですが今日のメモをまた見て頭をしっかり整理したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿