2018年9月9日日曜日

広島豪雨災害ボランティア5日目

2018.9.9. 広島ボランティア5日目
この日は昨日に引き続き、雨が降る中、降水量が増え広島県内のいくつかの地域で避難勧告も出ていました。


なので、ボランティアセンターは休みなのですが、三原市のNPOふんばるさんは、この日も状況を見ながら活動していました。
アースウォーカーズは午前中だけ合流して被災自宅の片付けを手伝いました。


本郷地区の一階の屋根くらいまで水に浸かった自宅の片付けのサポートに入り、まとまった人数で結構作業が進んで行きました。
終了後、宮崎大学の学生らが集めた41,883円の寄付をチームふんばるさんに手渡すことが出来ました。


当初、社会福祉協議会か被災自治体の市役所に渡す予定でしたが、休みなくやっているリーダーの宮田さんの献身さと住民の声に応えるために社協が手が届かない所にコツコツ支援をしている現状に感銘を受け、前夜のミーティングで宮田さんのNPOに募金を全額届けたいという事になりました。



宮田さんは涙ながらに受け取りながら、被災者の炊き出しの焼きそばの具材や、確実に被災者に届ける活動に使わせてもらいます。と快く受け取っていただきました。
その現場を後にして、三原市の温泉に入ったあと、広島市に向かい、平和を考える時間にしようと、原爆資料館と原爆ドームを見に行きました。



夜のミーティングではイラク支援中の高遠菜穂子さんも合流してイラクの現状を20分ほど報告してもらいました。
あらためて、平和とは何かを考えるきっかけとなり、広島に来てメディアだけで知ることができない現場状況を知った今。国際情勢も広く考えるきっかけとなり、改めて深まりました。





以下、学生たちのコメントです。



ユウダイ:今日は主に個人宅の釘抜きをやっていて、結構労力がいる作業だった。昨日、今日とチームふんばるのみなさんと一緒に活動して、地元が1日でも早く復興することを願っていることがよくわかった。チーム踏ん張るのみなさんに募金を渡せて良かった。今度、今度広島に来た時は三原市を再訪したいと思いました。


小学校中学校で原爆について学んでいた。長崎は行ったことがあるが、広島は始めて行った。高校大学で勉強しなかったので、頭から抜けていた。今回の資料館を見て原爆を体験した方の話は難しくなっている。自分が資料館で見たことや学んだことを、家族などに伝えることで原爆を忘れずにいることが大事。





わたる:今日は天候もよくなくて、ボランティアできるか心配だったのですが、結果的にボランティアで来て良かった。昨日やり残したことが今日はやりきったので、良かった。昨日やったぶんもあったので、コツを掴んで効率よくできました。


募金したお金を手渡すことを見てて、涙ぐむ宮田さんの思いの強さを感じることができて感動しました。ここに来る前の募金活動の努力も生かされたと思って良かった。
これから先は手伝いに行けないけど、出来るだけ早い復興を願います。


午後から平和資料館に行った。小中高で道徳の時間で平和について学んでいたが、時間が経って風化していて、今日改めて実感した。現状を細部まで思い出すことが出来て良かった。ぜったい繰り返しては行けないと思った。みんな大学の友達も同じだと思う。写真を見せたりして、発信して周りに伝えて行きたい。





あつし:今日は天候が悪く、避難勧告が出てて、ボランティアできて良かった。宮田さんは責任感から続けられてて、自分たちも避難しなければ行けない状況でボランティアやっていたので、本当にやって良かったのかという思いもありました。家の洗浄をするために釘を抜いたりする作業だったのだが、あらかた釘抜きは終わったので、少人数だったらなかなか進まない作業なので、自分たちが行っている間に行けて良かった。


募金箱を渡すに当たって、きちんと使ってもらえるところに渡したかった。宮田さんの思いを感じ、お金を受け取らず一生懸命やってきて、そういう方に渡せて良かった。
募金箱を渡すときも涙ぐんでて、握手も一生懸命握ってくれた。


僕たちは継続して被災地に続けて支援に行くことはできないですが、宮田さんに言ってたように、現地にの状況や被災者の思いを宮崎で伝えて行くことが大事。宮崎では僕たちにしかできないので、現地にする作業にくらべたら、地味な作業だが、被災地に行けない僕たちが出来る大事な活動だと改めて思いました。


僕は長崎県出身なので、同じ被爆した日に学校で考える機会がある。いろいろ見たことある資料。大学に入って他の県では8月6日9日に平和を考える集会をしないのが驚いた。そして、今日広島と長崎との違いを知れた。原爆の事や戦争の事を意識せず生活しているので、戦争や原爆を考えられて良かった。


さっきの高遠菜穂子さんの話も聞けてとても良かった。やっぱり、自分たちがテレビの情報だけで判断している自分がいて、よくないと思った。世界の情報はいろんな方向から見ないと正しく認識できない。今日はいろんな事を知っている人から聞けた情報は貴重な時間だった。





デニツ:今日は天気がめっちゃやばかった。昨日から疲れたから、あそこに行かないかも知れないと相談していた時にちょっとだけ喜んだ。行きたかったけど、行けなくても残念ではない。。。現場の皆さんは頑張り続けているけど、私は1週間だけだから、もっと頑張るべきだと考え直し、意識を変えた。


今日は昨日と同じ仕事をすると思ったから、ちょっと怖かったけど、聞いたとき、その人たちは家の中の仕事だけと言った。めっちゃ簡単だと思った。だけど、釘がいっぱいあったから、大変だった。難しい仕事じゃないけど多い量があったから頑張った。


篤志は今日、大学生が集めたお金を彼女に出した時に涙があふれていた。それは本当に心を動かされた。それを一緒に体感して良かった。大学生たちはそのぐらいの意識をもって集めたことはめっちゃかっこいいと思った。今日の広島のミュージアムは最初行く前にめっちゃ退屈になると思った。宮島に行きたかった。みんなが宮島の方が楽しいと言ってたので。。。だけど平和資料館に行けて良かった。みんな戦争は悪いと言う。


今日、読んだレポートはもう一回僕になんで戦争は悪いということを教えてくれた。文章の意味がわかることが大事だと思った。ミュージアムのところは知っていた情報だった。一番下のところはとても良かった。
そんなに話したくなかった。今日も頑張って、釘がほとんど無くなった。良かった。



寄付は下記サイトからお願いします。
http://earthwalkers.jp/pg622.html

2018年9月8日土曜日

広島豪雨災害ボランティア4日目

広島ボランティア4日目は、私(小玉代表)の古き友人で広島出身の大畠 仁さんからの依頼で、実家の近所が水害で水に浸かりボランティアが不足しているので来て欲しい。という要請があったので、呉市を離れ三原市に向かいました。


しかも、ちょうど雨も降り呉市のボランティアセンターが休みだったので、いいタイミングでした。
大畠さんが紹介してくれたのは、小、中学校の同級生の迫さんでした。


その迫さんに紹介され、高校時代の同級生の本郷地区の宮田 直美さんがリーダーをされている、NPOチーム踏ん張るさんに合流しました。
この日は三原市でもボランティアセンターは稼働していない中、朝6:00集合で頑張っていました。


その中、2チームに分かれ、最後に合流して3箇所の現場を支援しました。
詳しくは、下記学生の振り返りをお読みください。


そして、何はともあれ、社協が出来ない中、地元の人が立ち上げたNPO団体が地域の人の声に寄り添いながら奮闘する姿は素晴らしかったです。


そして、ボランティア終了後に迫さんにご馳走してもらった、広島焼き「しず」さんが美味しかったです。
広島の選手やアンガールズも来店されるこの店に、仕事中の迫さんも割烹着で合流してくれて、学生たちと懇談しました。


とてもいい時間となりました。そして、学生たちの感想です。





いでじゅん:今日は自分だけ最終日ということで、みんなと比べてというわけじゃない。というわけでもない。えっと自分は今日が最後だというのを頭に入れて、やり残すことがないよう、全力で頑張った。


実際やってみて、今までと違って、めっちゃ休憩があるわけでなく、どんどん作業が進んで行って、それでも疲れて来て交代とかしながらやって行った。みんな作業は重い力作業が多くて、きつかったけど早く運び終わる土嚢を必死で運んでいた。みんな1日も早い復興を望んでいるんだなあと思いました。


宮田さんは、災害以降ずっと店を閉めて近隣の住民の復興のために一生懸命やられているのに心打たれた。役割分担や効率のいいやり方を考えたのが良かった。


おばあちゃんが、たくさんボランティアに来ることが良く無いという話もあったので、ただ単に土砂を撤去するだけでなく、相手の立場に立った支援が必要だと思った。昨日と違う場所に行ったけど、同じような状況だったのに、被害は広い範囲に広がったと思った。





わたる:昨日とは違うボランティアセンターではない所に行ったけど、人が足りていないというのがすごくわかる状況でした。最初の仕事は、篤志とデニツと壁の釘を抜き、トラックが借りれたので、次の現場に行った。土砂を土嚢に詰めて運ぶ作業と、がれきや岩をトラックで運ぶ作業をしました。


呉市は規模が大きすぎて進んでいる実感が湧かなかったが、今回は個人宅でみるみる綺麗になったので、達成感がありました。1日で終わるかわからなかったけど、終わらせられて良かった。


他のボランティアの人も気さくに声をかけてくれて地元の話も聞かせてもらい良い雰囲気で作業できて良かった。リーダーの宮田さんとは直接話せなかったけど、篤志の話を聞くと、外見はこわもてだけど、すごく人情深い人で感動しました。明日、もし、そこに行くことになったら、体には気をつけて今日以上に頑張りたいと思います。





篤志:今日はNPOのふんばるさんにお世話になって、社協では出来ないような作業。社協に来るのもみんな素人だけど、今日のメンバーも素人の中で、社協が手が届かないところを徐々に進めているのがすごい。


おばあちゃんが多くのボランティアが来るのが病気で不安だから、一人で少しずつやっていたらしい。自分たちが土砂の山を全てかきだせて、達成感はありましたが、一人でそこまでやっていたかとともうと、心が痛い。


帰りにリーダーの宮田さんに話を聞いた。車で2時間ほど逃げてと言いながら、走って、今度は誰も見捨てたくないと1日も休むことなくボランティアに頑張り、一人で作業する日もあるが、毎日頑張っている。





雄大:最初は僕と伊藤さんとイデジュンと家の土を取る作業をやっていった。最初の時より、ものの奥に多くの土砂が溜まっていて、そこから、次の場所に向かうときに、軽トラで宮田さんの隣で話を聞けて、2つの川が氾濫して、土地に流れ込んできた。急いで橋の上に逃げたと聞いて、とても大変だったんだろうなあと思ったし、宮田さん自身も怖かっただろうことが分かった。


次の場所で二つの山積みになっていた土砂があり、それを土嚢袋に入れて土砂を掘っていくと、思っていたより時間がかかり、あとでそれを一人の方が土砂を2つの山積みにやったと聞き、多くの時間を一人で頑張ったんだろうなあと感じた。大変だったろうとおもったので、明日もその現場に行って頑張りたいと思うし、もっと力になりたいと思います。





伊藤:僕は最後の夜となるので、いろいろ経験した中で向き合ってほしいことを伝えたい。
その時のボランティアセンターでも寝袋で寝ていた。当時大学生だった三好くん。いま石油系の会社に就職した。その子が当時考えていた、事を伝える。


2012年に会った時の友達。みんなも同じような事を思っていると思う。きてもらわないと困る。マンパワーが一つ、その空気を吸って君たちがどう未来を作っていくか。これから、今日現状を見たメンバーは次の出番、世界中に耳を傾け視野を広げる。宮崎大学のエリートたちの未来に期待をしています。





デニツ:今日はめっちゃ良かった。今日は一番良かった。今回ボランティアセンターは優しい人が多いけど、昨日も言った通り休みすぎるみたい。休みの意味もわかるけど、それより頑張りたいので今日は思う通り頑張れて良かった。


全員一緒に頑張れたのも良かった。みんな同じ思いを持って働いてチームワークを感じた。昨日も良かったけど、今日は更にチームワークを感じ純粋な思いを感じた。目的通りやり切れて良かった。


終わった時、本当にテーブルくらいの土砂を取り除いた。1日でそのくらいの土砂をみんなで頑張ってもそれくらいの仕事しかできない。僕は1週間しかいないけど、ここにいる人たちは2ヶ月が過ぎこれからも半年も1年もかかる。その被災者の思いは想像も出来ない。1週間だけだから120%やらないといけない。


終わったと思ったらもう一つの土砂があり、絶望だったけど、チームワークで頑張って良かったので嬉しかった。ボランティアセンターは目的ではない。そして、悲しいことがあった。仕事中に帰りたい時に12時に寝なくちゃいけないと思って本当に悲しかった。


寄付は下記サイトからお願いします。
http://earthwalkers.jp/pg622.html


2018年9月7日金曜日

広島豪雨災害ボランティア3日目

2018.9.7.広島ボランティア3日目


宿泊先の消灯時間があるので、早く起きてくるかと思いきや、前日のボランティアで疲れたのか、起きてくるのが遅く、出発前に起こして準備しました。



本日の呉市のボランティアは134人が活動しました。
通常200人〜300人なので、今日はボランティアが少なかった模様です。


午後からの天気が怪しいので雨が降り出したら終了するという予定でスタートしました。
本日も2チームに分かれました



Aチームは一番ハードな現場へ行きました
土砂の勢いで神社そのものが土砂に流され埋まってしまった場所でした。



その神社の階段を上るのもきつい中、上の方から順に土砂の撤去に奮闘しました。
土砂を出しても出しても遅々として進まない現場に無力感を感じながら、それでも少しずつ少しずつではあるが、進んでいく。途方も無い作業でした。



Bチームは昨日行った音戸地区の別の現場へ行きました。
そこは、半端ない土砂に埋もれ、もはや作業をしても下の地面が出てきません。



土砂を取り除く最中にドラム缶が出て来たり、大木や冷蔵庫などもあり、その一つ一つを運び出しました。
そもそも土砂に埋まっているので、ドラム缶の周りの土砂を取り切らないと運び出せません。



こちらも途方もない量の土砂に無力感を感じた3人のチームでした。
このチームは男女20人になるメンバーで、一つになりチームワークも良くとても団結したいいチームでした。



そんな日々の活動を、9月12日(水)9時30分から宮崎市民プラザ4階大会議室で報告会を開催します。ぜひご来場お待ちしています。


この日も呉駅前にある大和温泉物語にお世話になり、ボランティア証明を持って無料でした。
本当にオススメなので、今後みなさんが呉に来た際には、ぜひお立ち寄りください。





ここから、学生たちの振り返りです。



わたる:今日は昨日とは違って、外活動がほとんどで、すごいハードな作業でした。
今回は慣れているベテランの人がいて、指揮をとってもらって良かった。
土砂を除去するのに、めっちゃ頑張っていたのに、休憩終わって見たときに外見が変わっていなくて、意外と大変でした。


掘っているときに、土砂と一緒に流されてきた大きな石が阻み、それをみんなで除去するのに大変でした。
おじいちゃんの家にあった土嚢運びもして、大変だった。


今日は被災者の人に話を聞くことができなかったが、一緒にやったボランティアの人と話せて、転職をきっかけにとか、ボランティア休暇をとってきた人が多かったです。休憩中もボランティアの話ばかりで、みんな熱意を感じました。
明日は、今までと違っての活動なので、この2日間、やったボランティアの知識も増えたので、活かしながら作業を進めていきたい。





あつし:わたると同じ現場で、おじいちゃんの家が急斜面のところに立っていて、土砂が流れ込んで、石垣の石もながれていった。物置がぺちゃんこになっていて、物置があったおかげで家そのものは大丈夫だった。岩があった。


今日は土嚢を運ぶだけだったが、そこに土嚢の袋に詰めるまでの作業に2週間くらいかかり大変だったみたい。側溝の溝が埋まってて、雨が降ったら、側溝の外に水が流れてくるから不安な現場だった。


2箇所面の現場は神社に行って、神社からずっと崩れて行ってた。道が一本完全に塞がってて、土砂の山をどんどん削っていく作業。直径50cmこえる岩が土砂の中にいっぱい埋まってて、なかなか進まなかった。


自分が、やってても全然進まない作業でやるせない気持ちでいっぱいになった。
自治会長さんん家やおじいちゃんの家も大変だろうなあと。。。
豪雨から3日くらいは暑い7月で仕事を休んで行く人とか、ずっと継続してきている人とかもいて、自分たちはまだまだだなあと思った。





ゆうだい:自分は木村さんとデニツと音戸にいったんですが、今回は家や小屋の土砂の書き出し。冷蔵庫を運んだりする作業だった。まず、入ったときに土砂の山がいっぱいあって、どこから流れてきたんだろう。。。山の上の方を見たら、そこから流れてきたことが想像できた。壁に土砂が入ってきたラインが膝くらいのころに残った後のシミをみて大変だったと思う。


今日は20人くらいいて、話すこともできて、いろんな情報を聞くこともできた。仕事を休んできた人など、東京の大学を休学している人、遠いところから一人で来ている人が勇気がある人と出会えて熱意を感じた。


ボランティアの輪を広げていきたいと思った。明日は、どういうことをするかわからないが、困った人のところでしっかりやれるよう考えていきたい。





いでじゅん:昨日と同じ地域の音戸の家の中の入っている土の書き出す作業。土砂をかき出しながら、太いホースが出てきたり、ドラム缶が出てきたりして、土砂を書き出しながらも適宜、思い物を運び出す作業。重いものを運ぶことが多かった。冷蔵庫を運んだり、男6−7人でやっと運び出せた。


納屋の家とは違う家だが、床の下に流れてきた土砂を運び出すのが大変だった。人の配置とバケツリレーをやっていた。頭を使いながら作業ができた。


昼は何人かとお話しして、東日本も熊本地震もボランティアに行った人と話して、いろんな被災地とかボランティアセンターとか見てきたけど、どこも同じような感じ。
20人くらいで行ってたけど、休憩時間とか力作業とかボランティアで疲れているだろうなあという時も笑顔が絶えず頑張っていた。


昨日と同じようにバスで作業が終わって帰るときに自治会長さんがお話をしてくれて、毎日ボランティアの人が何人かずつきてくれて作業を続ける事で、音戸の住民も生きる希望を持つようになれれば良いなあと言ってたので、まだまだ生きる気力を失っている人が多いんだろうなあと思った。





デニツ:今日良かった。雰囲気がめっちゃ良かった。リーダーは昨日の人みたいに経験は無かったが、頭を使ってやれた。昨日は指示をされて、こなすだけだったが、今日は自分たちで考えて変わったりした。


最初は地獄になると思ったけど、どんどん良かった。後半雰囲気が良くなっていって、頑張ることができた。今日のボランティアの人たちも良かった。なんかコミュニティーみたい。いろんな人があつまり、全員同じ思いを持っていた。続けていきたいと思った。
作業中の休憩時間が多いのでもっと頑張りたい。


支援の寄付は下記までよろしくお願いします。
http://earthwalkers.jp/pg622.html