2018年8月8日水曜日

2018福島・ドイツ高校生交流プロジェクト4日目


福島の高校生たち。いよいよ4日目はベルリンに入りました。
おとといの電車が止まるハプニング以降、行程がずれてケルン大聖堂に行けてなかったのですが、この日、希望者は早朝起きてケルン大聖堂へデニツが案内してくれました。
世界遺産の大聖堂を満喫した模様でした。
午前は、この日まで泊まったホテルをチェックアウトして、JETROデュッセルドルフへ行きました
福島県庁から出向中の矢舘さんから、ドイツの経済や政治、宗教など多岐にわたり報告してもらいました。


エネルギーの現状と日本との違いなども触れてもらいながら、多くを学ぶ時間となりました
また、福島県とドイツNRW州との経済連携の話、エネルギーや医療分野で進んでいることなどの報告でした。
また、ふくしま復興のあゆみなどもパンフレットを使って警戒区域の推移など、高校生たちも詳細に学べたようでした。
そんなJETRO訪問も予定を1時間オーバーし、デュッセルドルフ駅を後にして、ベルリンへ4時間の電車移動でした。
夕方に到着して、再生可能エネルギー関連のコンサルタントをしている西村さんの講話を聞きました。



この講話が、再エネのメリットを学ぶだけでなく、デメリットや原発のメリットデメリット、火力も同様に学んでいき、高校生たちに考えさせる時間となりました。
90分間「いままでと違う視点でエネルギーについて深めれて新しい発見があった!」と高校生。
最後に高校生2人からスピーチをしました。
涙を流しながら報告する高校生、将来の夢やエネルギーについて語る高校生、それぞれいいスピーチでした。
10日前に環境省からベルリン大使館に赴任した水谷参事官も参加して高校生たちにメッセージを寄せていただきました。






参加している高校生の感想を紹介します。


88日 吉田幸希 JETRO
今日はJETROに行き、ベルリンに移動しました。JETROでは再生可能エネルギーについて丁寧かつ分かりやすく教えていただきました。再エネについてより一層、興味・関心が深まりました。ここで学んだことをしっかり九州し、消化して知識を自分のものにしたいです。
その後、ベルリンに行きました。その時に、脱水症状のようなものになってしまって、ホテルに着いたらすぐにベッドで寝ました。そのため、西村さんの講話も聞けずとても悲しかったです。これからは体調管理に気をつけて生活していきたいです。


そして、今日もまた新しく学んだこともたくさんあるので、得たものを明日のことにつなげるなど忘れないように工夫をしていきたいです。また、このプロジェクトができて、それに自分が参加しているのは、たくさんの人の支えがあることを忘れずに過ごしていきたいと思いました。
After that, we went to Berlin. When we did, I had a cold. So I was so sad. I didn’t go to lecture for Mr. Nishimura
Because I had a cold.






88日 草野真輝 JETRO
朝早く起きて、日本の友達と電話をして、ドイツのその時の天気やきおんを伝えるとすごく驚かれました。朝は調子が少し良くなかったのですが、友達に元気をもらいました。JETROでは、先日もお世話に成った矢舘さんにドイツの経済やドイツの再生可能エネルギーについて学びました。私は話の中で、福島がバイオマスと水素エネルギーに力を入れていくということに興味を持ちました。
また、食べ残しをバイオマス発電に使えるようになるという話はとても興味深かったです。現在、食材廃棄が問題になっているので、おもしろい解決法であり、今後日本も参考にしてさらに推進すべきだと思いました。



ベルリンに向かい、西村さんのエネルギー講話を受けました。本当に知識量がすごくて、専門用語もたくさん教わりました。今は、一番最初の原発事故とは違うタイプの原子力発電を使っていますが、それを問題視する人が高齢で減少しているのが事実です。その分、私たちは伝えるということを止めてはいけないと思います。
I think we should keep on telling our Experience.





8月8日 横尾華怜 ベルリン
今日は矢舘さんにドイツのいろいろな経済状況や再生可能エネルギーについて聞くことができました。ドイツは全体的に景気が良く、失業率も低いそうです。貿易の輸出、輸入は日本と同様に乗用自動車が多く、また600社以上の日系企業が一番発達しているそうです。私はとてもびっくりしました。昨日食事会をした福島県人会の方々以外にもたくさん日本人が企業につとめていることは、自分の憧れでもあり夢でもあります。


また、ドイツの代表的な存在であるメルケル首相はキリスト教の民主社会同盟や社会民主党、緑の党、自由民主党の4つの党があります。女性がいろんな場面で活躍しているのはかっこいいと思います。また私は女子高に通っているため、私も一人の女性として色々な場面で活躍していきたいです。また、今日も難民についてお話しを伺うことができました。ドイツの人口の約11.6%が移民ということも知り、この3日間で再生可能エネルギーについてや、ドイツのことについてたくさん知ることができて良かったです。


また、ベルリンに移動して、西村さんのお話しを聞くことができました。再生可能エネルギーのことに関してや、南極大陸のことについて詳しく聞くことができてとても良い機会でした。少し難しい所もありましたが、クイズもふまえ、わかりやすく説明してくださったので良かったです。
Today, It was good to know Mr. Yadate to the German President about renewable energy abut German refugees and other people.






88日 山本優花 JETRO、西村さん、ケルン
朝5:40に起きて、ケルン大聖堂に行きました。駅を出てすぐの大きな
ケルン大聖堂に驚きました。本当に言葉では表せないくらい大きかったです。すごいのは大きさだけではなく、中のガラスの絵が一瞬言葉が出なくなるほど、きれいでした。今度また行く機会があったら、上まで登ってみたいです。



午後からはJETROの矢舘さんからドイツの経済状況、他国とのつながりなどについてのお話しを伺いました。ドイツは「ものづくりの国」と言われたりして、輸出入ともに輸送用機器が一番多くなっていることを知りました。
また、ドイツは日系企業がとても多く、次に日系企業が多いフランスと比べても1000以上差があることにびっくりしました。北・東ドイツより、南・西ドイツの方に企業が集中していて、GDPの地域差を見ても、南・西ドイツにすごい偏っているなと思いました。


もう一つ驚いたことは、ドイツの全人口の約11.6%が国籍別外国人だということです。難民も含め、多くの外国人を受け入れているドイツと日本では具体的にどのような違いがあって、改めて日本はなぜ受け入れについて変えようとしないのか考えてみたいです。夜は、西村さんからお話しを伺いました。再エネの利用によって電気代が上がるのを制作でコントロールしていると聞いて、具体的にどんな制作が、どんなふうにコントロールしているのか知りたいなと思いました。
Naturalresources are not limitless. I thought it is important to understand variety of power generation. And we should think about energy in the future.






8月8日 久田幸輝 JETRO、ベルリン
今日は、朝6時半に世界遺産のケルン大聖堂に行った。ケルン大聖堂のステンドグラスはとても大きくきれいな模様をしていた。

次に、JETRO(たしか日本貿易振興会だったと思う…)に行った。JETROでは
実際にドイツに進出しようとしている日本企業にドイツの経済事情を説明するときに使う資料を用いてお話しを聞いた。ドイツの経済事情や政治的背景を教えて頂いた。ドイツと日本は様々な面で全く異なっているなぁと実感した。


4時間電車に乗りベルリンに行き、”ドイツのエネルギー転換”について、西村健佑さんにお話しを聞いた。ドイツに来て最も知りたかったことだったので、大変興味深く聞いた。中でも印象に残ったのは、ドイツが一時的な負担よりも、次の世代のことを考え、原発を止め、再エネに踏みきった、という話だ。ドイツは日本のように地震は起こらず、リスクは低いのに、その判断を下したのである。その勇気に感銘を受けた。
Today is very busy day because we had to go to various places. So I’m so tired, but I learned a lot through two lectures.






8月8日 真船日向子 ケルン大聖堂、JETRO
今日は、朝頑張って早く起きてケルン大聖堂に行った後、ライン川を見に行きました。ケルン大聖堂は、一体一体丁寧に作られた像がたくさんありました。私はキリスト教徒ではないけれど、単純に眺めててきれいだなぁと思いました。その後、ライン川を見に行きました。

ライン川は雨が降ったせいもあったでしょうが、案外汚くて、なんでだろうと思いました。ちょっと気になるので、今後ドイツの方に失礼でなければ聞いてみたいです。


その後、JETROへ行って、矢舘さんからドイツの貿易についてや、福島の復興についてお聞きしました。
ドイツでは水素エネルギーの開発をすすめていると聞いて、「水素がエネルギーになる!?」とまず耳を疑いました。その原理について詳しく知りたいと思いました。デュッセルドルフからベルリンに向かう間にお隣に座ったパターさんと、ドイツ語と英語がごちゃまぜでしたが、会話することができました。私の表情がしぶかったり、聞き返したりすると、英語やジェスチャーを使ってゆっくり話してくれたり、その英語に対応するドイツ語を教えてもらいました。


その後、ベルリンで西村さんの講話を聞きました。初めて耳にする話ばかりで、とても勉強になったのですが、話がけっこう難しくて、半分くらい頭から抜けてしまった気がします。明日は、しっかり体調を整えて、集中して話を聞きたいです。
When I arrived Berlin, I was surprised that it was very hot.






88日 吾妻凌 ケルン、JETRO
今日は、”JETRO”のデュッセルドルフ支部で、昨日も一緒に食事した矢舘“さんが、ドイツの経済概況について教えてくれました。ドイツの政治だけでなく、EUとの関係性が貿易を含めて、ドイツのエネルギー事情を教えていただきました。ドイツの町には電線がないこと、言われてみれば”が多く、矢舘さんのお話しは本当に面白く、参考になるものばかりでした。



また、今日は朝からケルン“に行きました。朝6:30頃みんなで集まってケルンに向かいました。そこでは、ヨーロッパで一番大きな”ケルン大聖堂“を見に行きました。たくさんのステンドグラス、中に流れるパイプオルガンの音、修道着を着たシスターや神父さんといった、日本では見ることのできない体験をさせていただきました。
デュッセルドルフから4時間かけてベルリンに向かい、夕方から再生可能エネルギーコンサルタントの西村さんからエネルギー転換“について学びました。今まで習ったことをさらに深く説明していただきました。


また、その時にひなここうきがスピーチしました。日本語でのスピーチだったけど、日本語だからこそ感情的になってスピーチすることができると思いました。
Today, we learned about political, EU and so on. There are many good points in Germany, however Germany has a lot of problem. I think those problem is not easy to clear. And we went to “Koln” to see the big church. I was so surprised to see that. Japan should create such as building!





8月8日 石田あみ ベルリン
今までは再生可能エネルギーについての話が中心だったのですが、今回はドイツの経済の話を中心にしていただけたのでとても参考になりました。矢舘さんの福島の再エネの話は、福島に住んでいる私よりも詳しく、知らない事もたくさんありました。
地元の政策は他の地域の人に話せるくらい学ぶべきだなと感じました。また、貿易の話なども聞いて、ドイツはいかに他の国にとって必要なのかという事も知りました。


個人的に、ドイツは女性も男性も平等で、政治の議員も半分ずつで日本とは全く違う事を知り、日本もそのようにするべきだと思いました。一人の日本人として、男女問わず政治に関わっていくことが、日本をよりよくしていくと考えます。矢舘さんのように、ドイツでやりたいと思える事を見つけ、努力している姿を見るととても眩しかったです。私もやりたいと思ったことができるまで意思を強く持ち、必ず夢を叶えようと思いました。


さんのお話では、再生可能エネルギーの短所をくつがえす説明で、エネルギーに対する熱意がすごく伝わってきました。
また、ひなこのスピーチに感動しました。母親と離れて暮らすつらさは考えるだけで、涙が出てきました。そのつらさを乗り越えて、がんばっている人々がたくさんいるのだなと考えると、私もがんばろうと思いました。
I think my dream come true isn’t easy. But efforts is so important!





8月8日 服部杏菜 デュッセルドルフ、ケルン、ベルリン
今日は朝5:40起床でケルン大聖堂へ!「世界遺産か〜!」ぐらいのノリで行きの電車に揺られていたが、甘かった。想像を絶した。まず迫力がすごい。フレームに納まりきらない。壁の色も神秘的だった。オルガンの音色も素敵だったなぁ。朝の時点で既に大満足。しかし、まだまだ魅力的なイベントが待っていました。




まずはJETRO訪問。ドイツの位置関係から経済状況、再エネについてなど、幅広く知ることができてとてもうれしかったです。資料をたくさんいただいたので、またゆっくり読み込みたいです。

名残惜しさを感じながらデュッセルドルフを離れベルリンへ。さすが首都!駅がすごい!!でも地方分散型だから東京駅より人は少なくてよかった。
西村さんの講演は、今までの講演の中で一番私が興味を持つ内容だったと思う。西村さんってとっても頭が良いのだと感じた。



そして、ひなこのスピーチ。私もなんだかいろいろ思い出してしまって感極まってしまった。というかボロ泣き。でもその涙は、今までのことを思い出して、というのもあるけど、それだけの涙ではなかった気がする。これって多分外国人に言ってもわからないんだと思う。なんだろう、日本人特有の“察する”的な?笑 なにも意識してないのに詰まるモノがある。よくわからない。だけど、このよくわからない気持ちを絶対に手放さないように、定期的に出させてあげようと思った。
I ate a currywurst (ベルリン名物のカレーソーセージ)in lunch. It is very delicious. Today is found new things. I was happy. Thank you.


ぜひ、支援の寄付を下記サイトからお願いしています。
銀行振込かクレジットカードからよろしくお願いします。

2018年8月7日火曜日

2018福島 ・ドイツ高校生交流プロジェクト 3日目

ドイツで学ぶ福島の高校生の3日目は、いよいよ環境局へ行きました。
前日の電車のトラブルに巻き込まれた経緯があり、午前中の出発をゆっくり目にして、ホテルで高遠菜穂子さんに中東の難民問題などについて学習会をして頂きました。
午後からデュッセルドルフ市環境局で担当職員のステファンさんに、気候変動とデュッセルドルフ市役所のとりくみなどを紹介してもらいました。
60分の予定が150分を超え、質問も相次ぎ、とても実り多き時間となりました。


ここもいっぱい紹介したい所ですが、もっとも驚いたことが、学校のクラスや部活や生徒会などで、省ネルギーや再エネなどについて企画して、実現した時に、収益が出たら、その半分を企画したメンバーに還元するということです。
たとえば、新しいボールが欲しい時に、屋上に太陽光パネルを作って、その収益で施設や物品などを買ったりできるそうです。
この取り組みは、若い世代が自分たちでCO2や温暖化やエネルギーに関心を高め、しかも、自分たちの努力でするとともに、自分たちが生きている社会に向き合うための、とてもいい機会だと思いました。



午後、ケルンやボンに観光の予定でしたが、時間がなくなり、ホテルでちょっとくつろぎました。
夕方からは、ドイツNRW州福島県人会のみなさんとの懇親会でした。
小林会長をはじめ金澤幹事をはじめ、今年からジェトロで働きはじめた矢舘さん夫婦も合流し、福島出身のみなさんが海外で活躍している話を聞くことができました。
高校生たちからいろんな質問が飛び出し、一つ一つ丁寧に答えてもらいました。
また、海外旅行中のハプニングを乗り越えた経験や、ホームステイでの経験など、高校生は興味津々でした。
こちらも予定をオーバーした交流で盛り上がりました。





参加している高校生の感想を紹介します。
8月7日 石田あみ デュッセルドルフ
今日はなほこさんの難民についての話を聞きました。正直、難民についての知識はほとんどなかった。遠くの場所の話で、自分には関係ないものだと思っていた。しかし、お話しを聞いていかに日本人の知識がないのか、偏った情報しかないのか、が痛いほどわかった。日本で〇〇はひどい、おそろしい。」という声はその限られた情報の背景を知らないで言っていることがほとんどなのです。それを知ろうとする事が大切で、批判を受けている人にも事情がある事もあるのです。


また、日本の難民の受け入れが27人しかおらず、1万人以上の申請があるのにもかかわらず、私はショックを受けました。今、私にできることはないのか、そう考えたとき、なほこさんは、このプロジェクトに参加している時点で自分を変えようとしているし、調べて自分の考えを持つことだけで、そのような人が増えるだけで紛争は減るし、明るい未来がくるとおっしゃっていました。


したがって、私は、今、私ができることを全力でしようと思いました。それとともに自分がいかに幸せな環境に置かれているかを実感し、自分にできる事が増えたら、私もなほこさんのように自分よりも人の事を考えるられる人材になろうと思いました。
環境局のお話しでは「9000年には全て町が海になってしまう」という写真が印象に残っています。その時には、私たちは生きていないかもしれませんが!9000年後の未来を考えて生きる事が大切だと学びました。
I ate very delicious foods, And I talked about Germany. Today is very fun day!!





8月7日 吉田幸希 デュッセルドルフ
今日は菜穂子さんの学習会があり、環境局に行って、その後にレストランで食事をしました。学習会では難民について、環境局では再エネなどを含む今後の地球とドイツについて教えていただきました。今、世界では約110人に一人の割合で難民が居て、そのうち日本では30人弱しか受け入れていないことに驚きました。そして環境局では9000年にドイツは地球温暖化の影響で海面が上昇し、ほぼ完全に沈むそうです。だから、僕たちはその中で、できることをできる限りしなければいけないのだと改めて実感しました。


ドイツでは2045年にはCO2の排出量を今の80%減少を目指しているそうです。そしてドイツでは日本にない制度があってとても面白い話が聞けました。また今回のことだけでなく全部で2週間を正しく使い、自分自身が成長できればと思いました。
県人会の方と一緒にご飯を食べた時、いろんな話を聞けました。福島の人と久しぶりに話せてい息抜きも出来ていい話も聞けて良かったです。
I tell my parents and other things of learning. It’s important to learn and tell. Tomorrow, I want to speech to foreign people. Thank you!





8月7日 草野真輝 デュッセルドルフ
今日は、午前中に高遠さんの学習会があり、人道支援についてお話しを伺いました。高遠さんが現場で見たことや実際に経験された悲惨な状況など、リアルな言葉で語っていただきました。世界には難民6850万人いて、今後まだ増えるとのことでした。その理由として地球温暖化により自然破壊がされるからです。私たちは地球温暖化と聞くと、自然環境が破壊されたり、海面が上昇することを考えたりしますが、それが難民に関係していることに驚きました。


その後、NRW州デュッセルドルフ市環境局を訪問しました。そこではステファンさんに気候変動と環境変化についてお話しをして頂きました。デュッセルドルフ市の取り組みの中には、子どもたちがアクションして、節約した分を換算してお金にするというプログラムがありました。私はそれを聞いてとても面白いプログラムだと感激しました。このような面白いプログラムは日本でも参考にしていくべきだと思います。
夜に県人会の方々とご一緒に食事をしました。プライベートな話からお仕事の話までたくさんドイツに関わるお話しをしていただきました。イタリアン料理もおいしくて楽しい時間を過ごすことができて良かったです。
That program makes me fun and I think good idea!





8月7日 服部杏菜 デュッセルドルフ
朝食のカフェ、とてもおいしかった。食べ物が美味しいってやはり大事ですね。そのあとのなほこさんのお話、とても心が動かされました。特に、イスラム国ができた経緯について知れたのはとてもうれしかった。今までイスラム国といえば頭おかしいテロリスト集団としか考えてなかったから、知ることって本当に大切。難民のことも、日本では全く話されていない。私たち国民がもっと意識しないと政府だって動かない。まずは沢山知識を増やそうと思った。そして自分なりのアクションを起こしたい。


そのあとのデュッセルドルフの環境省でのステファンさんのお話は通訳のくまざきさんを通して聞きました。なかなか難しい話もあり、理解が追いつかないところもありましたが、また一つ知識が増えた気がします。特に、生徒が自分たちで考え、節約するとお金がもらえるという制度は新しい発想でした。日本でも取り入れてくれればいいのになぁ…。でも政府を動かすにはやっぱりまずは国民の意識から!受け身ではなく、私たちか発信しなければいけない。


夜は福島県人会の方々と食事をしました。料理は言うまでもなくおいしかったのですが、それよりも福島県人会の方のお話のほうに夢中になってしまいました。特に、全部盗まれてしまったり、そば粉を覚せい剤にまちがえられたり…といった修羅場はおもしろかったし、ためになりました。
I learned about refugees and renewable energy. Especially, talk about regfugees was very interesting. I think that I want to know about refugees.





8月7日 山本優花 デュッセルドルフ
カフェで食べた朝ごはんがとてもおいしかったです。おいしいご飯の後に高遠菜穂子さんから難民や国際問題についてお話しを聞くことができました。ドイツは難民を多く受け入れていることでも有名ですが、戦争や紛争の起きている国の近隣国(トルコやヨルダンなど)の方がドイツに比べて2倍近く難民を受け入れていることを知りました。世界人口73億人に対して難民の人たちは6850万人。したがって、110人に一人は難民です。かなりの割合だなと思いました。


難民が増えると予想される理由として戦争や紛争、また地球温暖化による海面上昇が挙げられます。日本は1年に1万を超える難民申請があるにもかかわらず、30人くらいしか受け入れていないことに驚きました。受け入れてもらえた30人の人と受け入れてもらえなかった人の違いが何なのか。何を基準としているのかわからないのが不思議です。話を聞いて思ったことがたくさんありすぎて書ききれないのであきらめます。自分が思っていた以上に内容の濃い話を聞くことができて本当に良かったです。


午後からは環境局のステファンさんにお話しを伺いました。少し難しいところもあり、理解できない所もありましたが、自分の中の知識を増やすことができたと思います。夕食は福島県人会の方々と食事会でした。ピザがすごくおいしかったです。他にもソーセージやスパゲッティなどおいしい料理がたくさんありました。福島県人会会長の小林さんには、小林さんが経験(体験)して思ったことを聞くことができ、アドバイスもいただきました。ドイツについての質疑応答時間もあってとても楽しい交流会でした。
I was glad to learn a lot of things. I think that policy of Germany for renewable energy is good. I think it’s good that this policy adopted in Japan.





8月7日 久田幸輝 デュッセルドルフ
朝、主に中東で家を追われた人の支援をしているなほこさんから話を聞きました。なほこさんの話を聞いていて、自分がいかに中東の、そして国際情勢に対して無知で無関心であったかがわかりました。特に重要だと感じたのは、多くのメディアの情報を集め比較することと、国際問題を考える上では、日本人としてのアイデンティティーは横におき、一人間としての目線が必要であるということです。特に、後者はとても難しいですが、ドイツで変われるように、いっぱい吸収したいと思います。


午後は、デュッセルドルフの環境局のステファンさんにデュッセルドルフが気候変動を防ぐためにどんな取り組みをしているかを教えて頂きました。
デュッセルドルフは2050年にCO2排出量を現状の80%減らすという目標の達成のために、エネルギーを無駄にしない様々な工夫を行っているそうです。非常に高い目標ですが、実現が可能である事が計算によって導かれているようです。すごいなと感銘を受けました。

Today, I learned how I understand the international situation.
I was able to hear a precious story about middle east. I think I have to know more about the world.
And then, I learned about the energy project of Dusseldorf. I was surprised because their purpose is very difficult. But they planned to achieve the purpose exactly. So I think they will achieve that definitely.
I ate dinner with people of NRW州福島県人会。I enjoyed dinner because they told us about Germany lives. Mr. Kobayashi said to me, “You have to study English hard since now”, so I will do my best.





8月7日 横尾華怜 デュッセルドルフ
今日は午前中になほこさんに難民についてのお話しを伺いました。ドイツではたくさんの難民を受け入れています。地球の人口は約72億人に対し、難民総数は6850万人いて、2秒に一人が家を追われており、戦争や紛争が止まらない限り、難民は増え続ける一方だそうです。
日本でも難民を受け入れているそうですが、その人数はごくわずかで、1万9千人審査していますが、27人しか受け入れていません。私はその話を聞き、驚きを隠せませんでした。日本はあまり難民のことについて知識があまりなく、また受け入れられなかった難民は収監され、自殺する人が多数います。


国を持たない民族クルド民族があります。また他にも難民の情報やイラク戦争のことについてもあまり情報がないのにも関わらず、誤解を受けたりし、情報網も曖昧になってしまいます。なほこさんのアドバイスでは、「情報を増やし、自分らで考察する!」ということだったので、私もそのアドバイスを生かせるように、たくさんの情報を得たいと思います。また今日は、福島県人会の方々と食事会がありました。ドイツでおいしい食べ物がアイスとソーセージだということなどドイツのことについても少し詳しく知れたので良かったです。
Today, we listen to Mr. Stefan about renewable energy and global warming. It was a difficult but It was a good opportunity.
I was able to hear stories about our future at the environment department and about the discharge of carbon dioxide now, The story of a small researcher was also very impressed.





8月7日 吾妻凌 デュッセルドルフ
今日は、NRW州の環境省に行き、ステファンさんからドイツやNRW州、デュッセルドルフが行っているエネルギーの利用方法や地球温暖化への対策を聞きました。一番驚いたのが、ドイツはエネルギー制度と経済を回す掛けていて、やはり経済大国と呼ばれるだけあって、エネルギーの普及と経済を回す一石二鳥の制度がたくさんありました。
また、今日は「ドイツ福島県人会」の方々とレストランで食事をしました。ドイツで有名なソーセジや肉などを食べました。4人の福島県人会の方からお話を聞くことができました。海外で仕事をすることの楽しさや大変さを教えていただきました。同じ福島に住んでいたのに考え方がとても国際的だと感じました。


また、今日は高遠菜穂子さんから難民についてのお話を聞きました。日本があまり難民を受け入れていなくて、他の国から批難されていること、日本にはたくさんの外国人がいらっしゃるので、日本は好かれていると思っていたので、とても驚きました。
高遠さんの難民への思いに感動しました。いつか自分も紛争などで苦しんでいる人たちを助けられるような仕事もしてみたいと思いました。
Today, we learned about environment of Germany. I thought Germany is paying attention to environment. So Japanese people should have interest about environment.
And we met Fukushima people who live in Dusseldorf. They told us about their story. I wanna get job in other country!





8月7日 真船日向子 デュッセルドルフ
今日はデュッセルドルフ市環境局を訪れました。ステファンさんからデュッセルドルフの再エネ政策や地球温暖化政策について教えてもらいました。多分、私のエネルギーに関する基礎知識がなっていないので、所々しか理解できませんでしたが。しかし、ゴミ処理に用いた温水を家庭に提供したり、学校で子どもたちが立てたエネルギー節約の目標が達成したら、市がお金を出すとか、日本では考えられないことをドイツで行っていることを知ってびっくりしました。


これら以外にも国民がエネルギー節約、CO2削減の意識を持って、政治に参加できる政策がドイツで行われているようです。日本でも、ドイツの政策を丸々真似しなくても気候に合ったそのような政策を進めていけば、日本の再エネ発電がもっと広まっていくのではと思いました。日本は地熱がたくさんあると川又さんからもきいたので、今後地熱についてやまた地熱発電が及ぼす温泉業への影響について学べたらいいです。午前中は、なほこさんのお話しを聞きました。難民問題についてや、また情報とどう付き合うかのコツなど教えてもらいました。


一番印象に残ったのは、「完ぺきな情報はなく、全て個人の経験だ」ということです。私は情報を与えられたまま、そのまま鵜呑みにしていたので、これからは自らよく調べたり、比較したりできたらいいです。また、難民は増え続ける一方であるそうです。日本もこの問題に参加できるような制度をつくれるような未来をつくっていきたいです。
I learned a lot of thing, I thought that I must think about Japan in the future.




支援の寄付を下記サイトからお願いしています。
銀行振込かクレジットカードからよろしくお願いします。
http://earthwalkers.jp/pg622.html