2018年5月27日日曜日

第50回 福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクトin米沢


5月27日、第50回 福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクトin米沢を開催しました。


この日は、田植え体験。


米沢市役所主催の田んぼアートに合流しました。



小学生8人が福島県の郡山市、本宮市、福島市から参加しました。


今日は到着が遅れ開会式に参加できませんでしたが、米沢市のゆるキャラの「かねたん」と交流して田んぼに向かいました


今年の米沢の田んぼアートでは、直江兼続と米沢のゆるキャラであるかねたんのデザインでした。



熱い日差しのなか一生懸命に頑張りました!!



白米や黒米、紫米、赤米などにわかれた苗をラインに沿って植えて行く。



初めての田んぼにお絵描きの子どもたちも一生懸命田植えしていました。


子どもたちも田んぼに裸足で入っての作業でした!泥だらけになりながらも頑張っていました。


洋服が泥まみれになっていても、そんなことは気にする様子もなく、全身で楽しんでいました!!



参加者のユウキちゃんは、テレビ局の取材に「昨年に引き続き2度目の参加だけど、去年より上手く田植え出来ました」と元気よく感想を述べていました。



田植えのあと、昼食を田んぼの横でみんなで、芋煮やおにぎりを食べ、子どもたちは芋煮が美味しいとおかわりをしていました。


昼食後は小野川温泉でゆっくりリフレッシュ。手足についた泥をしっかり洗って大森山公
園へ。


公園では思いおもいの遊具で遊んだり鬼ごっこをしたり、あっという間に時間が流れました。


子どもたちは、もっと遊びたかったのか、後ろ髪を引かれる思いで福島へと戻りました。


田んぼアートはもうすぐ下記サイトのライブカメラから観れて、徐々に色づくのでぜひご覧ください。
http://tanbo-art.com





今回で、子どもたちの保養も1000人超えました。
ボランティアスタッフの大学生たちの感想が届いているので紹介します!!


今回は、大人でもなかなかできない田植え体験。それをこどもの時に体験できるというのは、羨ましいなと思いながらお手伝いさせて頂きました。田んぼにはだしで入り、気持ちのよい風の中、全身で楽しむこどもたちを見ることができて幸せでした。
田んぼアートがどうできるか、また秋に来る稲刈り体験と、継続してこどもたちに感動を与えられるような活動が続いていけばいいなと思いました。そのために自分たちができることを少しずつやっていきたいです。
山形大学 田波凪覇


田植えは自分も初体験で疲れましたが楽しかったです。田植えアートという形でみんなで1つのものを作るということが一体感があって楽しかったです。
温泉や公園で子供達と関わり子供達も自分も楽しめたと思うので良かったです。
ありがとうございました!
山形大学 木村和学


楽しい体験をありがとうございました!
自分たちの植えた稲がきちんと絵になるのか、すごく楽しみです。
来てくれた子たちも楽しんでくれていて良かったです!
ありがとうございました!
米沢女子短期大学 佐藤りの


田植え体験は私自信も初体験で、貴重な一日となりました。子どもたちも楽しそうに田植えをしていて、田んぼで泥まみれになるという経験をできるのは良いことだなと思いました。今回も子どもたちからたくさんのパワーをもらった気がします!ありがとうございました!
米沢栄養大学 小島原麻友


次の米沢プロジェクトは、6月17日日曜日の予定です!

文責アースウォーカーズ代表小玉直也
編集 アースウォーカーズボランティア古賀渓太


2018年5月3日木曜日

憲法記念日にて、新入生も含めて憲法の学習会に参加しました。

憲法記念日の5月3日、宮大2年のむっちゃん、1年生のしゅん、NPOの小玉さんと中ちゃんと自分の5人は午前中、憲法の学習会に参加しました。
自民党の改憲が進められている今日、憲法について自ら勉強し、考えることが大切だと思いました。
改憲派の学者が言うおかしなことも、少々の知識があると分かるのだと知りました。



学習会後、募金活動を行いました。
チョコ募金はチョコレート47個分の25,850円、報告書は1冊500円で販売して、寄付と合わせて4,600円、午前中の募金活動は合計で30,450円集まりました。
思った以上の人が募金してくださり、1人で4個分寄付してくれた人もいました。



午後は「9条改憲NO!平和と命と人権を!5.3暮らしと平和を守る宮崎県民集会」に参加して、私はスピーチをさせていただき、福島支援の募金をお願いしました。
自分の3人前には、アースウォーカーズ理事の成見暁子弁護士が、非常に素晴らしいスピーチをされていました。
集会中、集会後には、募金をお願いして回りました。


募金していただいた方は皆様、嫌な顔一つせず、「頑張ってね。応援しています」と募金してくださいました。1,000円以上寄付してくださる方も多かったです。集会前にチョコレートは完売し、今日1日で157,576円集まりました。
募金してくださった皆様、また、集会中に募金についてアナウンスしていただいた主催者の方々、ありがとうございました。



7年が経過した今でも、福島の子供たちへの支援はまだまだ足りていません。
これからも支援は必要とされ続けると思います。
私たちは、今後も彼らへの支援を続けていきます。
皆様が汗水を流されて働いて稼いだ貴重なお金は、大切に使わせていただきます。これからもアースウォーカーズを通じて福島への支援をよろしくお願い致します。
文責:宮大2年井手淳也







アースウォーカーズとして大学外で活動したり、ボランティア活動自体も初めてで、ドキドキでした。
最初に憲法講習。憲法は個人の人権を尊重し、国を管理するものだとわかりました。
次に募金活動。多くの方々が集会中にも関わらず、快く協力してくださったり、アースウォーカーズを知っていたりして、有難いし頑張らないといけないと感じました。



1日で募金が15万円なんて驚きと感謝でいっぱいです。
今日はいろいろ貴重な体験ができて良かったです。
アースウォーカーズ 宮大1年 今井春







憲法記念日の昨日は学習会に、宮崎大学の学生らと参加してきました。
改めて日本の憲法はすばらしいものがいっぱい詰まったものだと実感しました。
そして、人類は多くの国で時の権力者が暴走し、それを止める術がなかったそうです。
その時代の国民が、権力者の暴政に苦しんできた、過ちを繰り返している歴史をしっかり学び、権力者や公務員が過ちを繰り返さないために、憲法で制約しているそうです。



3日の21:00からのNHKでも自民党や公明党は、自衛隊の明記や環境権や教育の無償化を憲法で明記するように力説していましたが、
憲法で明記していなくても、多くの国民は不具合を感じていないと思います。
むしろ、憲法に明記していなくても、環境を良くすることをやっても憲法違反と思わないし、教育を無償化しても憲法違反と思う人はいないと思います。



そして、いま災害支援などで活躍する自衛隊があるなか、日本を守るために頑張っている自衛隊は良いけど、他国の戦争に参加したり、アメリカと一緒に攻撃をしたりする、昨年自民党が作った法律に違和感というか、憲法違反だと思います。
長くなるので、今日はこれくらいしますが、あらためて、憲法の大事さをみんなで学ぶ事が重要だと考える日となりました。



そして、今日の学習会のあと、集会にも参加して、多くの参加者から寄付や募金が寄せられ、今日一日で157,576円が集まりました。
引き続き福島の子どもたちをはじめとする、被災地の支援頑張ります。
本当にありがとうございます。
そして、もう一つ嬉しい報告。今日は、また新しい宮崎大学の新入生がボランティアをしたいと参加してくれました。
アースウォーカーズ代表理事 小玉直也



ブログ編集 アースウォーカーズボランティア 古賀渓太

2018年4月28日土曜日

4月28日、子どもの国でスーパーボールすくいの出店とチョコ募金を行いました。

4月28日の土曜日に青島子どもの国で開催されたメーデーで、スーパーボールすくいの出店とチョコ募金を行いました。


今年は連合の愛のカンパから45万円の支援をもらっていたので、活動の紹介や募金を集めることも出来るという事で初出店となりました。


学生からは、自分の他に、アースウォーカーズの新入生2人、自分の学科の2年生の友人が2人参加とNPOの社会人メンバーも入れ計7人で参加しました。


スーパーボールすくいは大盛況で始まる前から子どもたちがたくさん並んでくれていました。


初めてNPOの活動に参加した新入生は、
「自分に初めてのボランティア活動になりました。小さい子達の笑顔を見ているうちにボランティアのやりがいを感じました。


これからも自分にできることを探してボランティア活動に関わっていきたいなとおもいます。」と話してくれました。


自分の感想としては、子どもたちがスーパーボールすくいを楽しそうにやっている笑顔が被災地の子どもたちの笑顔に繋がるというのがとても嬉しく感じ、


また、ボランティアだったり、被災地のことに関心を持ってくれる人材が1人でも増えてくれたことにとても感動しました。


この日のチャリティーで32,000円集まりました。
被災地の支援に活用させて頂きます。


ありがとうございました。ご報告遅くなってすみませんでした。
文責:木村篤志 宮崎大学工学部2年
編集 アースウォーカーズボランティア 古賀渓太


2018年4月7日土曜日

第49回福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクト(4月7日:米沢スキー場)

4月7日、第49回日帰りリフレッシュプロジェクトを開催しました。



今日は4月にも関わらず、福島の子どもたちと雪遊びをしに米沢にむかいました。




今日は小学生4人、未就学児1人、保護者2人、高校生2人の計9人が参加しました。




福島は温かくなってきましたが、米沢スキー場はあまりにも寒く、4月とは到底考えられない気候の中、スキーウェアを着て、ソリで滑って遊びました。




皆、手も顔も耳も真っ赤にしながら、一生懸命坂を登りました。


お昼には、米沢スキー場でピザやカレーのショップを経営している渡辺さんに、暖かいカレーを準備していただきました。




あつあつで、皆美味しい美味しいと嬉しそうに食べていました。


私自身もかなりお腹が減っていたので、とても嬉しかったし、美味しかったです。


そして、昼食後にまた雪で遊びました。


とても子ども達の体力には追いつけず、後半は子どもたちを見上げていることが多かったですが、子どもたちが心の底からの笑顔で遊んでいる姿をみれて良かったです。


いわき市立平第三小学校3年の小澤あいりちゃんは、冷たかったが、ソリとかで遊べて良かったです。と話していました。




渡辺ファミリーのお母さんは、5月に入っても雪遊びができて、楽しかったです。と嬉しそうな表情を垣間見せました。




そして、初めてスキー場で雪遊びにきた谷ゆうりちゃんは、そりすべりがスピードがでて楽しかったと笑顔で話してくれました。


東日本大震災から7年が過ぎ、8年目の活動がスタートしました。




前回の米沢プロジェクトで、アースウォーカーズで支援している子どもたちが、1000人を超えました。




多くの皆様のお力添え、ありがとうございます。
文責 桜の聖母学院高等学校 2年 伊藤光雪







今日は参加させていただきありがとうこざいました。


震災から7年経過したものの、未だに放射線の影響を受けている子どもがいることに驚きました。

雪で遊んだことがないという子もいて、今までの震災への考えの甘さを実感しました。


震災後に産まれた子やその時に幼かった子は震災の記憶もないから、影響もないものだと思っていました。




しかし、一番外で遊びたい時期に遊べないという事がどれだけ不自由な事なのかを、今日少し感じる事が出来たと思います。




今回小学生と一緒に雪遊びをし、小学生の楽しそうな笑顔をたくさん見ることができました。




これからもっと頻繁に遊べたらと思います。
今日は7年経った今だからこそ復興の支援が必要であるということを学べました。




雪遊びとても楽しかったです。ありがとうこざいました。


追記:中川玲奈(桜の聖母高校2年)
ブログ編集:アースウォーカーズボランティア 古賀渓太