2020年11月11日水曜日

 【子どもたちが川や海で自然体験】

第2回宮崎の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクトを行いました!
(オンライン講座に追われてアップできてない分です。)
12人の小学生たちに参加していただきました。
まずは清武駅に集合しコインランドリー・どるふぃんさんのバスに揺られて加江田川へ。
午前という事もあり最初はみんな川に足をつけて「つめたーーーい!」といっていましたが、しばらくすると体を水につけて楽しそうに遊んでいました。

宮崎市青島ビーチセンター「渚の交番」の協力でライフジャケットをお借りして川遊び。
「流れるプールみたいでおもしろい!」と、川の流れに身を任せたり、岸辺で小魚を追いかけたりして川を満喫していました。
お昼は河原でバーベキューをしました。焼けたお肉はすぐにみんなの口へ。
川でたくさん遊んだ分、いっぱいお肉やご飯を食べました。

綿菓子づくり体験では、子どもたちが自分で作る綿菓子に楽しんでいました。
昼ごはんの後は青島へ移動しました。
広がる白い砂浜でまずはビーチフラッグをしました。波打ち際を砂まみれになってフラッグへ競走!少しの間でしたが、どの子も楽しそうに白い砂浜を走っていました。

その後、サーフショップnewwaveのオーナーであり、プロボディーボーダーの池田雄一さんに教えてもらいながらボディボードに挑戦しました。
みんなボードを抱えて波乗りにチャレンジ!この日はとても風が強かったこともあり、池田さんに教わりながら波に乗っていました。



何度も挑戦するうちに波に乗れる子が増え、「楽しい!」と笑顔で沖に戻っていくほど海を堪能していました。

どの子どもたちも海や川で自分の好きなように自然を満喫していました。
一方でバスの車内ではマスクの着用を呼び掛ける前にみんながマスクをしていました。
新型コロナウイルスの影響で外出自粛がささやかれる中で、子どもたちの息抜きになるような外遊びになったのではないかと感じています。
また、自分もボディボードをやってみたくなるほど楽しそうに子どもたちが波に乗る姿を見ることができてとても良かったです。
より多くの宮崎の子どもたちに広まってほしいなと感じました。
今回のプロジェクトは9/27(日)に文部科学省の「子供たちの心身の健全な発達のための子どもの自然体験活動推進事業」の委託を受けて実施しています。
文責:榎戸雅基 加筆:小玉直也
追伸:
8月の企画のyoutube動画が完成しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿