2020年9月21日月曜日

Stay Home Project 第24回 【英語の苦手意識を克服への一歩が見えてきた!】

ポートランド州立大学の言語学者のMika Sakaiさん。

短大から大学に編入し、アメリカ留学志望するも補欠に回され留学し、帰国後もう一度アメリカへ。

国際結婚、離婚、再婚と公私共にレールに敷かれた道を外れた波乱万丈の話をもっと聞きたかったです。

自分が苦労して身につけていった英語の能力。日本の子どもたちにもっと英語力を身につけて欲しいと力説。

学校でわからないことがあったら携帯のアプリで調べて。。。と話すと「日本の学校では携帯を使ってはいけない」と高校生。

本当に?ずいぶん時代に遅れているんですね。とMikaさん。

その後も、発音のエトセトラからいくつもyoutube動画を紹介しながら話は盛り上がっていった。

ブレイクアウトルームも2度に分かれ有意義な時間となりました。

今回はアメリカ時間に合わせたのでいつもの15:30ではなく12:30スタートとなり、開始時間を勘違いして参加しそびれたひともいましたが、こういったところでも国の違いを肌で感じられたかなと思います。

以下は参加者のコメントです。

中村永遠

みかさん、今回は貴重なお話ありがとうございました!!

現在大学で英語教育について勉強しているため、とても興味深く勉強になる内容でした。実は英語教育を学びたくて今の大学に入学したのではないため、今自分が大学で英語教育について学んでいることに驚いています笑笑。

全然英語を話すこともできないし、英語が好きだったわけではないけれど、今回お話を聞いてやっぱり英語を頑張ろうと思いました。

将来小学校の教師になりたいと考えているので児童の前で英語をペラペラと使いこなすことができるバイリンガルの教師を目指して頑張りたいです。

現場で働いている教師の中には自分が頑張っても日本の英語教育は変わらないと考え、上から言われた通りにしか指導しない教師がいるけれど、現場の教師が変わらなければ一生日本の英語教育は変わらないと思うのでまずは自分が頑張ろうと思いました。

10月に中学で英語の教育実習があるので、みかさんが教えてくれたYouTubeなどを使いながら頑張りたいと思います!!

ありがとうございました。



0 件のコメント:

コメントを投稿