2021年8月8日日曜日

第18回宮崎の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクト

 遅くなりましたが、8月8日の波乗り体験の報告!

宮崎市内の小学生20人の申し込みがありましたが、covid-19の感染拡大や台風接近にともなうなどの懸念から直前にキャンセルがあり今回は小学生の参加10人となりました。






人数は少なくなったものの,変わらず楽しそうな光景がみられました.
 待ち合わせ場所に定刻よりもはやく来てくれた参加者たちですが,突然のスコールに見舞われ少し不安な天気で始まりました.
 しかし,海に到着すると雨はすっかりと止み,子どもたちはビーチでスイカ割りを楽しみました.はじめに挑戦した子が一発でスイカを割っていたので驚きました.そのあとは割ったスイカをみんなでおいしくいただきました.
すいか割りを楽しんだあとはわたあめづくりにもチャレンジ!きれいに形が整ったわたあめをつくることができました.
昼食を食べたあとはいよいよ波乗りに挑戦!ボディボードを持って海に向かいます。
今回の波は波のり体験をするのにうってつけの大きさでした.
はじめは上手く波に乗れなくても,ボランティアの方や大人方の力を借りつつ上達していき,最後には波に乗って岸まで帰ってくる子が多く見受けられました.
最後はみんなで温泉に入り冷えた体を温めました.
天気にこそ恵まれない回ではありましたが,子どもたちの口から直接「楽しかった」という言葉が聞けたことが良かったです.
また,保護者の方から「ありがとうございました」とお礼を言われたこともすごくうれしかったです.
 最後に、初めてボランティアに参加した高校生2人の感想もぜひご覧下さい。
宮崎県立佐土原高校の莉子です!
本日はアースウォーカーズの波乗り体験ボランティアに参加させて頂きありがとうございました。
コロナ禍の中で様々な活動が制限されている中らこのボランティアがあることを知り、楽しそうと思ったのと、小さい子のお世話をすることが好きなので興味を持ち参加させて頂きました。
活動内容としては、午前中はスイカ割りや綿飴作りをして、午後に波乗り体験をし、その中で子供達のお世話をしたり手伝いをしました。
子供達は自由に動きまわるので、その子達に呼びかけをして安全に波乗り体験をさせたりしました。
少し大変でしたが、子供達の親御さんなども手伝ってくださり楽しんでボランティアをすることができました。機会があればまた参加したいと思っています。
寄付してくださった皆さん本当にありがとうございました。
宮崎県立宮崎北高校の理沙です!
本日はアースウォーカーズの波乗り体験ボランティアに参加させて頂きありがとうございました。
コロナ禍で様々な活動が制限されて中々ボランティア等の活動が出来ない中、この波乗り体験のボランティアがあることを知り、楽しそうと思ったのと、前回用事があり参加する事が出来なかったので今回は絶対参加したい!と強く思い参加しました!
活動内容としては、午前中はスイカ割りと綿飴作りをしました。
午後に子供たちの波乗り体験のお手伝いをしたり、お世話をしたりしました。子供達は皆波を怖がることなく全力で楽しんでいて一緒に居ると私まで楽しくなってしまう程の可愛い笑顔を見せてくれました!
呼びかけや声掛けをして怪我なく安全に波乗り体験を楽しんでもらうことが出来て良かったです!
少し大変でしたが、ボランティアの私も波乗り体験をする事が出来て子供達と一緒に楽しむことが出来たし、子供達の親御さんなども一緒に手伝ってくださったり、楽しんでくださってとても充実した時間になりました!
機会があればまた参加したいと思っています!
寄付してくださった皆さん本当にありがとうございました。